夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2020-09-06から1日間の記事一覧

小泉八雲が書いた唯一の料理本

職業柄いろいろな「料理本」を目にしますが、料理人ではない人が書いた料理本は、独自性があって面白く感じることが多いように思います。たとえば、サルバドール・ダリが著した料理本『ガラの晩餐』は私の中では伝説となっています。 Dalí: Les Diners De Ga…