夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2010-01-12から1日間の記事一覧

カクテルと地酒

外山滋比古さんの「ライフワークの思想」中の文章が実に心に染みます。 初版は30年も前に出されたものですが、現代においてもその有効性を全く失っていません。ベストセラーになった「思考の整理学」では、”グライダー型人間”と”飛行機型人間”の比喩が絶品で…