夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2009-06-02から1日間の記事一覧

ゼラチンをコラーゲンというのは、スクラップ部品を自動車というのと同じ

わが国の健康食品市場は高成長を遂げていましたが、ここ数年はさまざまな規制からマイナス成長となっています。そんな中、コラーゲンは、美容食品の伸びで、ここ数年二桁成長の快進撃を続けています。 コラーゲンとは、構造的に下の図のような3本のペプチド…