夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2009-01-29から1日間の記事一覧

食の安全のコストは誰が払うのか?

今日の日経新聞に「食の安全 揺れる企業—膨らむコスト、負担どこまで」という記事がありました。「国産」と「安さ」を両方求める消費者に企業が疲弊している様子が書かれていました。 食の安全には手間もお金もかかります。生産者の方から研究室によく食品の…