読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

“自販機化”する料理

食の未来 食と社会 料理・調理 食品製造・食品加工

 前回の続き。

 昔の未来予想やアニメそしてSFには、「人型ロボット」が登場します。家事ロボット、運転手ロボット、執事ロボット、警官ロボット、殺人ロボット等々。

 私たちが生きる現実の世界にも、ソニーの「AIBO」、ホンダの「ASIMO」、ソフトバンクの「Pepper」などが登場してくるのを見るにつけ、「とうとう未来がやって来たか」感を抱きます。

 しかし、「Pepper」 くんやラーメンを作る「産業用アーム型ロボット」のような、表に見えるロボットよりも、表では見えにくい、しかし徐々に拡大しているロボットの未来が気になります。

調理ロボットたちの静かな拡大

 人の手によらない機械による料理は、すでに私たちの食生活に広く浸透しています。

 たとえばすしは、「職人が握るすし」と「機械が握るすし」が混在しています。回転ずしのシャリ玉は、ほとんど「すしロボット」が握っていますが、店でロボットが前面に押し出されているところは少ないため、すしが一部“ロボット化”されていることに意識が向きにくいのでしょう。

 また、外食産業におけるセントラルキッチンによる調理も、機械化は相当進んでいますし、私たちがスーパーなどで買う加工食品も、完全に人の手だけで作られているものはとても少数でしょう。

 料理のおいしさには、お店で給仕してくれる人や、家庭で料理を準備してくれる人の“あたたかみ”がプラスされる場合が多いですが、回転ずしは、タッチパネルでのオーダーから“リニアモーターカー”レーンによる提供まで、人の気配を排除した“オートメーション”が最も進んでいる料理のひとつです。

 接客や料理のサーブするのもロボットが担うようになり、「完全に無人化した回転ずし店」ができるのかもしれません。そしてそこで実際に食べたら、人はどのような感情を抱くのでしょう。おいしいと感じるのでしょうか。

「3Dフードプリンタ」もいずれ電子レンジや自販機のようになる!?

 すしロボットの開発当初は、機械で握ったものはすしとは呼べないといわれ、業界で認めてもらえない時期がありました。それが現在は、世界中へのすしの普及や現在の低価格での提供に役立っています。

 今後「3Dフードプリンタ」などによってさまざまな料理が作られるかもしれませんが、最初、新しい技術、見たことのない機械による食は、多くの人の心理的な反発を生じさせるのは間違いないでしょう。しかししばらくすると、多くの人は、新しい手法による料理が気にならなくなり、次第にそれがあたかも以前からあったかのように、存在自体が当たり前の生活になっていくでしょう。

 以前、電子レンジが初めて登場した際も、その熱くならない「魔法の調理器」を不気味がる人がいました。しかし今、電子レンジの“魔法”を怖がって使用を躊躇する人はあまりいないことでしょう。

 調理の機械化は、これから人の見えないところで、そして人が気づかないうちに確実に進行し、いずれ電子レンジのように私たちの食生活にしっかりと馴染んでいくことでしょう。

 私たちが自動販売機から出てくる飲みものに何も抵抗もなく口をつけるように、未来の子供たちは「カプセル自販機」から3Dフードプリンタが作ったオムライスが出てきても躊躇なく“がっつく”時代になるのかもしれません。

人が料理しない未来はどうなる!?

 今世の中にあるものの大切さや意義は、なくなってみないとわかりません。特に社会に高度に組み込まれているもの、隠れて見えにくいものほど、その存在にすら気がつかないものです。普段、私たちのまわりにある「空気」の存在に気をかけませんが、水の中に10秒潜れば、誰しも強烈に意識するようなものです。

 人による調理という操作が、機械化、ロボット化によってなくなる、もしくは次第に機会が少なくなると、社会はどのようなものになっていくのでしょうか。何が変わって何が変わらないのか、何か問題が生じるのか生じないのか。

 過去、社会の近代化・文明化によって失われていったものがあったように、調理をしないことが、個人や社会の行動、感情、思想などに少しずつ影響を及ぼす気がします。

 静かに拡大している「調理のロボット化」、「人の非調理化」の変化に目を向けながら、食の未来、そして人が料理を作る意義をじっくりコトコト考えていきたいものです。

 

f:id:yashoku:20160129163620j:plain