夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

「分子調理」のおいしい世界 第2回 @応用物理

 応用物理学会の機関誌『応用物理』において、『「分子調理」のおいしい世界』の第二弾を掲載して頂きました。

f:id:yashoku:20141210222500j:plain

 第二回目の応用物理 第83巻 第12号 (2014)のタイトルタイトルは、『科学者が「料理」に出会うとき』というものです。科学者から見た料理の科学の世界を綴らせて頂きました。

f:id:yashoku:20141210222658j:plain

 学会誌にこんなやわらかい記事を載せて頂いて良いのかなー、と未だに思っています。