夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

博士の愛した寿司 「“細胞”海苔巻き」

 今週、自分の誕生日がありました。年齢は、ついに“大台”に。

 当日、次のような“冊子”をプレゼントとして頂きました。

http://instagram.com/p/gFoemEki6a/

 「SCIENCE-ish COOKING with YOUR WIFE」。サイエンス“風”の料理本のようです。

 この『経本』を元に、「“細胞”の形をした海苔巻き」を作りました。

 完成品はこのように。↓

http://instagram.com/p/gFsnV9Ei9U/

 左が「動物細胞の海苔巻き」、右が「植物細胞の海苔巻き」。

f:id:yashoku:20131030205515j:plain

f:id:yashoku:20131030204856j:plain

f:id:yashoku:20131030204921j:plain

 知育玩具、知育菓子、ならぬ知育寿司、皆さんのご家庭でもいかがでしょうか。

 

 また大学で、研究室の学生さんからもプレゼントと手作りケーキ、そして素敵な「たすき」を頂きました。

http://instagram.com/p/gFW5tPEi_n/

http://instagram.com/p/gFW-L9ki_q/

 “代表”に選ばれて光栄です。おやじの名を汚さぬよう、これからも研究道に精進したいと思います。