夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

かつてない“嫉妬”とかつてない“感謝”を感じた「食紀行本」

 よく行く本屋さんに平積みで置かれていたこの本。

英国一家、日本を食べる

英国一家、日本を食べる

 

 買って読み始めたらページをめくる手を止められず、一気に完読しました。

 手に汗握るというか、口に唾液が滲み出る、という本でした。

 内容は、トラベルジャーナリストであり、フードジャーナリストでもあるイギリス人のマイケル・ブース氏が、東京、北海道、京都、大阪、福岡、沖縄にある超有名店から身近な屋台までを食べに食べまくるという「食紀行文」です。

 しかも、奥さんと二人の小さい息子さんを連れた家族旅行で、3ヶ月足らず!?(原文ママ)という日本人にはロング過ぎるバケーション期間での食の記録となっています。

 デパ地下、思い出横丁から、老舗料亭までといった“振れ幅”もさることながら、相撲の尾上部屋で把瑠都とちゃんこ、「ビストロSMAP」の見学、辻調理師専門学校の辻芳樹氏による大阪の有名レストラン「カハラ」での接待、服部栄養専門学校の服部幸應氏に一見さんお断りの「壬生」にご招待という、非日常感たっぷりの会食が並んでいます。

 読み進めて行くうちに何でしょうか、この湧き上がる羨望というか嫉妬のような感情は!

 日本に住んでいる日本人でさえも、滅多に行くことができないお店での料理を、“この上ない好条件で”食べる英国一家。

 著者の「ジャーナリズム精神」なのか、単なる「食い意地」なのかは不明ですが、その飽くなき食への行動力がまた羨ましく、眩しいのです。そう、眩し過ぎて、読んでいくと激しい日照りにあったようにエネルギーが吸い取られていきました。お腹を空かされること、この上なし。

 しかし、読後しばらくしてから感じたのは、何とも言えないほっこりとした感情でした。

 ダシへの興味から、北海道の昆布の漁場に行ったり、マイナーなアイヌ料理店を訪れたり、大阪で味噌蔵を見学したり、流しそうめんを家族で奪い合ったり、日本人の長寿の秘訣を探るために沖縄を訪れたりするという、一人の外国人が抱けるMaxと言える程の、日本の食への尋常ではない知識と興味が文章に溢れかえっていました。

 にぎり鮨が好きな日本人でも知っている人は少ないであろう華屋与兵衛からの鮨のルーツや、「素材そのものに語らせる」という日本料理の精神的な面にも踏み込んだ記述が本文中にありました。

 ここまで最大級の関心を持たれたら、いち日本人としては嬉しいというか、嬉しさを超えて「日本を知ってくれて、ありがとう!」という感謝の気持ちを抱かざるえませんでした。

 日本の食を、違った視点で見ることができる実に痛快な本と言えるでしょう。全体的に軽快に読める文体で、翻訳の上手さも感じる本です。

 いやー、「トラベルジャーナリスト兼フードジャーナリスト」って商売、おいしすぎますね。

 本日から私も「トラベルサイエンティスト兼フードサイエンティスト」を名乗りますので、どなたか私に海外で3ヶ月間食事するお仕事をお与え下さい。