夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

「東北発☆未来食堂」特別授業〜大震災を生き抜く“食”のチカラ〜

 本日、石巻専修大学で行われたNKHの「公開復興サポート 明日へ in 石巻」で『「東北発☆未来食堂」特別授業〜大震災を生き抜く“食”のチカラ〜』という講演を行ってきました。

http://instagram.com/p/fsAKcMEi7s/

 特別授業後、マギー審司さんと「震災と食」についてトークしました。

 マギー審司さんは、宮城県気仙沼のご出身。

 「でっかくなっちゃった」は残念ながら見られませんでしたが、「大きい耳」の興味深いお話はお聞きすることができました。

 現在、NHK仙台放送局では、東日本大震災での「食」にまつわる体験談、エピソードを募集しています。

 厳しい状況の中で知恵と工夫で食べつないだ体験、忘れられないあの味などのエピソードをお持ちの方は、今後の防災・減災のための『食の震災記憶遺産』として是非ともご協力下さい。