夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

おいっこ

 姉が今月初旬、男の子を出産しました。

 姉は41歳にして初産。私にとって初の甥っ子、そして叔父さんとなりました。

 今の時代、高齢出産の数は多くなっているでしょうが、リスクが高いことは今も昔も変わらないはず。出産前かなりの体調不良で苦しんでいた姉の体が心配でしたが、出産後、母子ともに無事の知らせを聞き、ほっと一安心しました。

 連休最終日、退院して実家にいる甥っ子とその母親に初対面して来ました。

 おー、ち、小さい! そして、可愛すぎるぜ、その寝顔!!

 2010年に結婚し、2011年の東日本大震災を経て、2012年に息子を生んだ姉。

 赤子よ。

 君が成人したら、まぁおそらく苦いと感じるだろうビールでも酌み交わしながら、君の母ちゃんがどんな状況で君を産んだのか、叔父さんが説教臭く聞かせてあげよう。

 それまでご飯いっぱい食べて、すくすく元気に育てよ、我がふるさと福島で。