夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

第5回『大学は美味しい!!』フェア 宮城大学 食産業学部からも初出展!!!

 今日、大学の研究室ポストにこのようなパンフレットが入っていました。

 新宿高島屋で開催される第5回『大学は美味しい!!』*1のパンフです。大学発の「食」フェアとあって、大学ノートをモチーフにした、味のあるパンフレットです。

 宮城大学産業学部のホームページでもお知らせしておりましたが*2、本学フードビジネス学科教授の大久長範先生が監修した「みたらしプリン」と「黄ニラ揚げかま」が、この『大学は美味しい!!』フェアに初出展されます。

 「みたらしプリン」は、東北の発酵食品である「醤油」と「みそたまり」を使用して開発され、「黄ニラ揚げかま」は、宮城大学の技術をつかったニラの色を黄色のまま安定させて作った黄ニラとスケソウタラの高級すり身と組み合わせて作った地域連携作品です。

 「黄ニラ揚げかま」は、パンフで「東北にエールを送る商品」として取り上げていただいていましたね。

 また、前勤務先の北里大学の「草熟北里八雲牛から生まれたビーフカレー」や、前の私のブログ*3で取り上げた玉川大学の国産蜂蜜を使った「ジャム」なども出展されます。

 『大学は美味しい!!』食堂や特設コーナーでは、その場で大学発の食がご賞味いただけるようです。実際に味わいながら、研究や地域との連携から生まれた商品をご体験していただければと思います。

 明日5月30日(水)から6月5日(火)まで、新宿高島屋11階催会場にて開催されます。お近くの方はどうぞ足をお運び下さい。

 『大学は美味しい!!』の広報隊長のようになっていますが、私は残念ながら行く予定はありません…。大学の食に関わるものとして、見たいし、食べたいんですが…。う、うっ…(嗚咽)。

*1:[http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/event2/index.html:title=フェア催しのご案内] | 新宿タカシマヤ

*2:宮城大学産業学部:お知らせ : [http://www.myu-syoku.jp/university/info/?p=953:title=小学館【大学は美味しい】フェアに本学からも参加(新宿:5月30日〜)]

*3:[http://d.hatena.ne.jp/yashoku/20120515/p2:title=はちみつジャムを食べながら考える「大学ブランド食品」の役割] - 食品研究者の夜食日記