夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

研究室花見@榴岡公園

 仙台は、今週が花見のピーク。研究室メンバーと花見をしました。場所は、仙台でも有数の花見の名所、榴岡公園にて。

 花見の日は、あいにくの曇り空でしたが、気温は暖かめ。花はいい咲き具合でした。

 花より大事な「食べもの」は、各自一人一品持ち寄りのポットラックで。

 だんごも学生さんの手作り。しかも、みたらしとずんだの2種類。なかなか、やるな。

 素敵な「コアラ!?いなり」も、いらっしゃいました。

 私は料理する時間がなく、仙台駅地下のエスパルでサラダといたがきのフルーツロールケーキを買って行きました。

 ラボメンバー全員集まれる日を設定しての花見でしたが、4年生3名はその日の夜に長距離バスで移動とハードなスケジュール。就活生は、熱いエールで送り出しました。

 準備と片付けなど、ご苦労様でした。美味しい料理とおしゃべりで、楽しかったです。