読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

3.11東日本大震災「私はこうして凌いだ〜食の知恵袋〜」冊子完成記念イベント

 以前、私のブログ*1*2で、3.11東日本大震災『「私はこうして凌いだ」〜食の知恵袋〜』という仙台市民センター様の合同企画をご紹介しました。

 今回、その企画メンバーの皆様のご努力によって、3月11日の東日本大震災後、水やガス、食材も満足にない中で、工夫された食事、食べられることの幸せをかみしめた食事のレシピやエピソードをまとめた仙台市民の貴重な体験が冊子となりました。

 その冊子の完成記念イベントが下記の詳細で開催されます。私は、第一部で基調講演をさせて頂く予定となっております。

平成23年12月3日(土)
13:30〜15:30(会場13:00)
仙台市太白区中央市民センター 大会議室
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町5丁目3−2
電話 022-304-2741 ‎

  • 第一部 基調講演
    • 「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」
    • 宮城大学産業学部准教授 石川伸一
  • 第二部 冊子紹介と試食(冊子で紹介している料理を試食します)
    • 食のエピソード紹介
    • 仙台白百合大学人間学部准教授 高澤まきこ
    • ギター演奏 ガロート川村氏

 上のポスターにありますように、定員は100名で、参加は無料となっています。

 また、「アンケートをご記入いただいた方に非常時食材セットをプレゼント!!」とのことです。どうぞ奮ってご参加下さい。


大きな地図で見る

*1:[http://d.hatena.ne.jp/yashoku/20110913/p2:title=「私はこうして凌(しの)いだ〜食の知恵袋〜」レシピ募集] - 食品研究者の夜食日記

*2:[http://d.hatena.ne.jp/yashoku/20111023/p1:title=「震災レシピは、アイデアの結晶であり、想いの結晶である」と感じた日] - 食品研究者の夜食日記