夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

宮城大学 × LAWSON スイーツプロジェクト

 わが宮城大学産業学部フードビジネス学科の学生たちが考案した「塩チョコスティック」が、9月6日(火)より、東北地方のローソンにて発売されます。

 フードビジネス学科教授の三石誠司先生の指導のもと、今年の1月からプロジェクトが始動し、書類審査、プレゼン、試食会、商品仕様打ち合わせ、販売促進会などを重ね、念願の商品が店頭に並びます。

 7/31に行われた宮城大学産業学部のオープンキャンパスでも、実際の商品がお披露目され、高校生やその保護者の方に大好評でした。

 私も何度か試食させてもらいましたが、食べやすさや、食感などにこだわりが感じられ、とても美味しかったです。

 甘いモノが大好物な自分としては、プロジェクトメンバーの学生に試食の感想を聞かれても「うまいね〜、もっとないの?」と言うだけで、気の利いたコメントはできずじまいでしたが…。

 このスイーツプロジェクトが進行中、ここ仙台では、あの大震災がありました。

 そんな中でも学生たちは、最後までプロジェクトをやり通しました。企画から実際の商品販売まで体験したのですから、学生にとってものすごい良い経験となったでしょう。

 東北地方にお住まいの皆さんは、ローソンの「塩チョコスティック」を是非是非お買い求め下さい!

 それ以外の地域にお住みの方は、震災復興のために東北に遊びに来て頂いて、その際ローソンで「塩チョコスティック」をどうぞ“お土産”にたくさんお買い求め下さい!!