夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。

 正月三が日もとうに過ぎましたが、今年初ブログですので、新年のご挨拶をさせていただきます。

 今年早々、”おせち料理問題”が勃発していますが、”食”に関する人々の関心は衰えることを知らず、年々ますます高まっているように感じます。

 本年も気張らずまったりと”食”にまつわることを綴っていきたいと思います。どうぞごひいきに。

 ちなみに、今年の私の年賀状のバックのデザインはこれでした。↓

 毎年、その年の干支を”卵”で表しています。それが専門なので…。