夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

食育講演会

 昨日、太白区中央市民センターにおいて「食育」に関する講演会を行ないました。宮城大学産業学部と、食産業学部がある仙台市太白区の中央市民センターとの共催事業です。

 事前に、宮城大学の事業構想学部の学生に、講演用のポスターも作製してもらいました。何回かのミーティングの後に、たくさんのポスター案を出してもらい、その中から選んだ私のお気に入りのデザインです。

 講演の中身は、「卵と健康 ー 卵が秘める「なぞ」を解く −」という講演タイトルで、約1時間ほどお話させていただきました。私たちが行ってきた卵の機能性に関する研究をはじめ、身近な卵に関する話題をいくつかご紹介しました。

具体的には3つの卵、

  • 好かれる卵
    • 空気のような?食品
    • 日本人と卵
    • サッチャー元首相と卵
  • 誤解される卵
    • 卵とコレステロール
    • 卵アレルギー
    • 卵とサルモネラ食中毒
  • 意外と知られていない卵
    • 卵の来るみち
    • 卵酒のサイエンス
    • 卵の色と目の病気

に関するお話をしました。

 「食育」という言葉自体、非常にあいまいな表現の言葉です。また、子供に対しての「食育」、大人に対しての「食育」、高齢者に対しての「食育」など、誰に対しての食育活動かによって、話は大きく変わってきます。食育のターゲットを絞りすぎてもいけませんし、広すぎると平凡な話になり過ぎるので、講演内容を組み立てるのがなかなか難しかったです。いろいろ勉強になりました。