読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

1千年前のマンモスの肉

 大昔の昆虫が美しい琥珀に閉じ込まれた姿で発見されることがあります。映画「ジュラシック・パーク」でも琥珀に埋もれた蚊からDNAを抽出するシーンがありました。

 また、完璧な保存状態のマンモスが永久凍土層から姿を現すこともあります。1799年、ある北方系民族の漁師がシベリアの氷の中から世界初の凍結マンモスを発見しました。マンモスの胃の中には食べたばかりの草と松ぼっくりがまだ残っていました。

 19世紀のはじめ、オックスフォードの鉱物学の教授であったウィリアム・バックランドは、招いたお客たちにある肉を振る舞いました。教授はみながその肉を食べた後で、こう言いました。

 「みなさん、みなさんがたった今お召し上がりになったのは、1千年前のマンモスの肉です!」