夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

ビール会社の社員はビールを飲まない?

 ビール会社(製造部門)に勤めている友人と久しぶりに居酒屋で飲んでいる時の会話。

 私「ぷはー、やっぱりビールはうまいなー。家では”第3のビール”しか飲めないから、久しぶりのビールだよ。○○の所は、毎日ビール飲めていいよな。」
 友人「いや、俺も久しぶりのビールだよ。」
 私「え?」
 友人「今のご時世、自分で買って飲むのはもちろん第3のビール。そりゃ、毎日ビール飲みたいけどさ。」

 そういって、友人は勢い良くジョッキを空にし、生中をもう一杯注文していました。

 そりゃそうです、ビール会社の人が毎日ビールを飲める訳ではなく、はんぺんを作っている会社の人が毎日はんぺんを食べている訳ではありません。
 「毎日ビールを飲みたい!」という私の欲求が、「ビール会社に勤めている人は毎日ビールが飲めていいよなぁ」という妄想をかき立てたのでしょう。

 ビール会社の社員にビールの嫌いな人はまあそんなにはいないでしょう。ただ、毎日ビールを飲みたくても(金銭的に)飲めない社員は結構いるのではないでしょうか。