読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

「残酷な方法によらない」食品求めて騒動に

 AFPBB Newsから*1

「残酷な方法によらない」食品を使用すべし、豪市議会から「ティムタム」が消えた


 【3月26日 AFP】オーストラリア・シドニー(Sydney)の市議会では、議会が行う行事などでは「残酷な方法によらない」食品を使用するという方針が新たに導入され、赤肉や卵、さらには同国で最も人気のあるビスケット「ティムタム(Tim Tams)」の提供が禁止された。議会の広報担当者が25日、明らかにした。

 Shayne Mallard議員はAFPに対し、「このおかしな方針に気づいたのは、議場からティムタムが消えた時だった。議会スタッフに問い合わせたところ、スタッフは『ティムタムに使われているチョコレートは、児童労働問題のあるコートジボワール産なので、議場での提供を中止しました』と答えたんだ」と語った。

 Mallard議員によると、新たな「持続可能で健康的、かつ残酷な方法によらない」食品を使用するという方針では、卵や赤肉も禁止対象となっており、オーストラリアのよき伝統といえるバーベキューもできなくなる可能性もあると指摘する。

 魚類の提供は行われているものの、海洋保護活動家などから「捕獲や消費に適している」と認められた種類に限られているという。また、農産物はシドニー周辺で栽培されたものである必要もあるという。

 Mallard議員は、「この方針はオーストラリアの大部分の人には関係のないことだし、人びとも無視するだろう。政治的公正がちょっと行き過ぎたのだと思う」と語った。

 Mallard議員は、チョコレートでコーティングされたティムタムには、児童労働を行っている集団農場で作られたカカオが使用されている恐れがあると伝えられたというが、(ティムタムの製造元の)アーノッツ(Arnott's)は、事実無根だとしている。


AFPBB News 2009年03月26日 02:29)


 ティムタムとは右のようなチョコレートビスケットです。

 食品はもとは生物ですから、ある意味食する行為はすべて残酷な行為です。残酷かどうかは、その人の見方で大きく変わるでしょう。ギャグのようなニュースです。

 

*1:[http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2586145/3956741:title=「残酷な方法によらない」食品を使用すべし、豪市議会から「ティムタム」が消えた] 2009年03月26日 02:29 発信地:シドニー/オーストラリア