読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

『グミケーキ』のトラウマ

米原万里さんの「旅行者の朝食」を読んでいたら、『トルコ蜜飴』という単語が出てきて、おもわず心が乱されました。 「なんておいしそうな名前なんだ。どんな色や形をしているのかわからないが、食べてみたい!」 そんな感覚にさせてくれる、おいしいネーミ…

美しいものがおいしいのではなく、おいしいものが美しい。

サイエンスにおいて、しばしば美しい形に出会うことがあります。顕微鏡で覗いたミクロの造形に心奪われ、夢中になって観察することがあります。しかし、それは決して意図したものではなく、あくまで結果としての美です。 美が、研究を推進する動機となること…

ニューロガストロノミーの可能性と限界

「神経の」または「神経学の」という英語の接頭辞が「ニューロ(neuro-)」ですが、このニューロが付いた言葉が絶賛“増殖中”です。 ニューロエコノミクス(neuroeconomic、神経経済学)、ニューロマーケティング(neuromarketing、神経マーケティング)、ニ…

「元気で長生きの秘訣ってなに?」 米寿になった“おばあ”に聞いてみた

米寿 長寿の秘訣

学生実験書のまえがき

前の勤務先の大学で「食品科学実習」という学生実験を担当していました。おもに、乳、肉、卵などの畜産食品を扱う実験でした。 その実習を受講する学生のための「実験書」を書いていたのですが、その実験書の「まえがき」を先日ふと目にしました。 こんな文…

「オトナの研究者」が「オトナの食品」を食べる時

10月も、はや最終週となりました。今月、Twitterの「ツイートまとめ(はてなブックマーク経由)」の記事はありましたが、今月最初のブログです。 10月から大学の後期がスタートし、大学祭など、もろもろのイベントが目白押しでした。山中教授のノーベル…

同じ草食なら、ステゴザウルスのような草食男子に!

この前の土曜の夜、妻と外で食事をしました。帰り際、もうちょっとなにか飲みたいということになり、夜遅くまでお酒と紅茶を出してくれるお店に行きました。夜9時か10時ぐらいのことです。 そのお店のドアを開けて、店の中に広がっていた光景が私にとって…

カクテルと地酒

外山滋比古さんの「ライフワークの思想」中の文章が実に心に染みます。 初版は30年も前に出されたものですが、現代においてもその有効性を全く失っていません。ベストセラーになった「思考の整理学」では、”グライダー型人間”と”飛行機型人間”の比喩が絶品で…

ゼラチンをコラーゲンというのは、スクラップ部品を自動車というのと同じ

わが国の健康食品市場は高成長を遂げていましたが、ここ数年はさまざまな規制からマイナス成長となっています。そんな中、コラーゲンは、美容食品の伸びで、ここ数年二桁成長の快進撃を続けています。 コラーゲンとは、構造的に下の図のような3本のペプチド…

豚インフルエンザ ーいまさら「新型」といわれてもー

「豚」インフルが、急に「新型」インフルと名前が変わったことに気づいた方も多いはず。その理由がこちら。 「豚インフル」やめます 風評被害指摘でWHO呼称変更 【ジュネーブ=清水俊郎】感染が広がる新型インフルエンザについて、世界保健機関(WHO)…

「食博」「フードサミット」「食のディズニーランド」

ニュースなどを見ていても、職業柄「食」や「フード」という言葉には敏感に反応してしまいます。昨日、目に留まったニュースの「食の言葉」を3つほど紹介します。 30日から大阪で「食博」 4年に1度の食のイベント「’09食博覧会・大阪」の開幕を控え、…

食品会社の入社式での社長の訓示

昨日は4月1日。入社式の会社が多かったことでしょう。日清食品、日清製粉、明治製菓、明治乳業の入社式での社長の言葉を時事ドットコムから。 食は聖職、天職に=安藤日清食品HD社長〔入社式〕 安藤宏基日清食品ホールディングス社長=創業者は「食は聖…

貯めたくないマイレージ、フード・マイレージ

現在、私たちはスーパーマーケットなどで、きわめて短時間かつ効率的に必要なものを入手できます。これは生産から消費に至るすべてのプロセスを徹底した分業・効率化したことにより、食品の効率的な生産・流通システムの整備がはかられたためです。 フード・…

医学のエイジングと食品学のエイジング

医学の分野でも食品の分野でも、同じ”エイジング”という言葉が使われますが、その意味は両分野間でだいぶ異なります。 医学のエイジングは、人が「老化」するという意味で、どちらかというとネガティブな意味合いの強い言葉です。そのため、盛んにアンチエイ…