読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

「都民の備蓄推進プロジェクト」

昨日、舛添東京都知事の記者会見において「自然災害に備えた自宅での備蓄について〜都民の備蓄推進プロジェクト〜」が公表されました。 <a href="http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1001855/1001884/1001890.html" data-mce-href="http://www.bousai.metr…

絶望と希望と願望と宿命―4年目の3.11に思うこと

東日本大震災から4年。3.11後の混乱期に大学に入学してきた新入生が、来週卒業式を迎えます。あの年の講義開始は1ヶ月遅れ、入学式は約半年後の9月末でした。 絶望と希望は表と裏 人が絶望の淵に立たされた時、そこから生きていくためには、希望が必要…

もうすぐ本が出ます。『「もしも」に備える食』

管理栄養士、食育指導士、防災食アドバイザーの今泉マユ子さんと共著で『「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を』という本を出すことになりました。 「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を 作者: 石川伸一,今泉マユ子 出版社/メーカー…

「清流」10月号に記事が載りました

清流出版さんの月刊誌「清流」の10月号において、「震災食」に関する記事を特別企画として取り上げて頂きました。 事前に研究室までお越しいただいて、大変丁寧に取材して頂きました。雑誌全体を拝見しても、多くの方に丹念に取材し、誠実に作られている雑誌…

備蓄をする人は5割が限界? その背景にある「備蓄の壁」とは

昨日とおととい、仙台市消防局に行ってきました。 仙台市危機管理室減災推進課が主催する「地域地震防災アドバイザー研修会」で講演するためです。「大震災を生き抜くための食事学」という本を出していたこともあり、「震災と食」に関する講話の依頼を頂いて…

「安心マニュアルが欲しい」と「信じたくないものは信じない」

災害時の食事について聞かれることがよくあります。先日もある方とそんな話になりました。「どんなものを、どれだけ準備したらいいですか?」といった質問です。 具体的な食品の種類を尋ねられ、毎回、お話していく過程で感じるのは、「何を準備すれば、私の…

芋煮会という「不便さのワクチン」

先日、研究室で「芋煮会」をしました。 芋煮会とは、東北(青森を除く)で、河川敷などで里芋などを大鍋で煮て食べるという“縄文ライク”な秋の行事のことです。 とくに芋煮会が盛んな土地に住む山形人や宮城人にとっては、春の花見と同じぐらいのビッグイベ…

「東北発☆未来食堂」特別授業〜大震災を生き抜く“食”のチカラ〜

本日、石巻専修大学で行われたNKHの「公開復興サポート 明日へ in石巻」で『「東北発☆未来食堂」特別授業〜大震災を生き抜く“食”のチカラ〜』という講演を行ってきました。

「生きのびる食」@食文化誌ヴェスタvesta

生きのびたい

災害時の「お菓子」の“意義”@読売新聞

読売新聞の「くらし・家庭面」に掲載されている「今どきのお菓子」というシリーズ。 本日の朝刊で「震災後 備蓄用で注目」というタイトルの記事が載りました。 事前に取材を受け、私のコメントが掲載されました。 「災害時のお菓子の役割」について興味ある…

“ノックアウト”されない程度の“ノックダウン”を経験しておこう

先週“ノックダウン”された風邪から回復し、日々のご飯のおいしさを噛み締めています。 分子生物学の分野に、遺伝子の「ノックダウン」と「ノックアウト」という実験技術があります。 ノックダウンは、遺伝子の量(転写量)を減らす技術で、一方、ノックアウ…

「震災と食」の講義 @京都大学

先週、東大での第一回タマゴシンポジウムの後、すぐ移動して新幹線に乗り、京都へ向かいました。 次の日、京都大学のグローバル生存学大学院連携プログラムの「生存基盤食料学」という大学院講義の一コマを担当するためです。 私は、その講義の中で「震災と…

震災時、ココロをほっとさせた「甘いもの」

東日本大震災から丸2年。多くの人が手を合わせる姿を見、声を聞きました。 このブログで書きたいことはたくさんありますが、色々な感情が錯綜しましたので今はやめておきます。 代わりに、独立行政法人の農畜産業振興機構さんが発行している「砂糖類・でん…

「たのしくそなえるラジオのじかん」@秋田

3.11東日本大震災からもうすぐ2年。またあの時を振り返る機会が多くなりました。 電気・ガス・水道などのライフラインが断たれた東日本大震災の後、私の唯一の情報源は「ラジオ」でした。スマホを持っていましたが、電池はあっという間に切れ、電源探しに一…

NHK秋田放送局・エフエム秋田・ABS秋田放送の3局共同番組に出演します

NHKのウェブサイト*1より。 たのしくそなえるラジオのじかん 〜なかいち防災ステーション〜NHK秋田放送局とエフエム秋田、ABS秋田放送では、3局共同で次のとおりラジオ公開生放送を実施します。この催しは、東日本大震災の教訓をもとに、災害のとき誰…

東京都北区食育講演会「大震災を生き抜くための食事学 〜モノとココロの備え方〜」

最近、日本のあちこちで地震活動が活発化しており、漠然とした不安を抱えている方が多いのではないかと思います。 先週の2月2日の土曜日、「震災と食」に関する東京都北区主催の講演を行ってきました。場所は、王子駅近くの「北とぴあ ペガサスホール」にて…

「おしどりミルクケーキ」保存食

「おしどりミルクケーキ」というお菓子をご存知でしょうか。 パリパリっとした食感が特徴の板状のミルク菓子です。パッケージはこちら。↓ パッケージを見て「あっ、見たことある!」と思った方もいるのではないでしょうか。 山形県の高畠町にある日本製乳株…

日本農業新聞に掲載されました

東日本大震災から1年6ヶ月経った、おとといの9/11付の日本農業新聞に記事が掲載されました。 「備える、生かす 次の災害のために」というタイトルで、いつ、どこで発生するか分からない次の災害のために、どのように食を備え、どう活用したらいいのかにつ…

「NHK生活情報ブログ」に載りました

防災の日の前の8月30日に、NHK首都圏ネットワーク(午後6:10〜7:00)に出演させていただいたことは、前のブログに書きました。 その放送の内容が、本日のNHKさんの「NHK生活情報ブログ」に掲載されました。 2012年09月07日 (金) 災害時の食の備えこの時期、…

福島民報1面コラムに掲載されました

先週の防災の日の9/1(土)、私の出身地である福島の地方紙「福島民報」の1面コラム「あぶくま抄」に、私の拙著「大震災を生き抜くための食事学」のことを掲載していただきました。 福島民報社さんのWebに、そのコラムの全文が載っています。 あぶくま抄(…

モノよりもココロガマエを

今週、日本食品科学工学会での発表で、札幌にきています。 昨日のシンポジウムのひとつに【防災フォーラム】「東日本大震災に学ぶ大災害時の “食” と健康」―二次災害としての健康被害を防ぐために―というのがあり、聞いてきました。 モヤモヤしたものを含め…

NHK「首都圏ネットワーク」に出演しました

防災の日を前に、昨日8月30日にNHKの首都圏ネットワークに出演しました。 首都圏ネットワーク番組Memoより http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/memo.html 8月30日 (木) ■ 暮らしなっとく「災害に備えた食糧の備蓄」 ◇災害時に役立つ食品についてアドバイス…

読売新聞に記事が掲載されました

明日の防災の日(9/1)を前に、本日8/31の読売新聞朝刊で、私の拙著「大震災を生き抜くための食事学」で紹介した「常備蓄」に関する話題を掲載していただきました。 くらし面の減災生活 食事編 「中」というシリーズで、記事タイトルは、食べたら補充「常備…

「震災食の講演@増上寺」で思ったこと

先日、浄土宗の東京教区寺庭婦人会様からご依頼で、「震災食」に関する講演を行ってきました。場所は、浄土宗大本山の「増上寺」にて。増上寺は、徳川将軍家の菩提寺として有名ですね。 増上寺の総門を指すという地下鉄「大門」駅から、歩いて向かいました。…

今後、どのような「防災食」が必要か? 宮城大学1年生450名のレポートから見えてくるもの

勤務先の宮城大学は、宮城県が設立した公立大学です。学部は、看護学部、事業構想学部、食産業学部の3学部があり、それぞれ地域ニーズにマッチした教育が行われています。 毎年、新入生の1年生には「基礎ゼミ」という大学教育の導入科目があります。基本は…

食生活改善推進員会@宮城県大衡村での講演

昨日の午前に、宮城県中部にある大衡村(おおひらむら)で講演させていただきました。 私が3月に上梓した「大震災を生き抜くための食事学」という本を大衡村の保健福祉課の方が読んでくださり、ありがたいことに今回お声をかけていただきました。 講演は、…

NHK「サキどり」に出演しました

本日の午前8:25〜8:57のNHK総合テレビ「サキどり↗」*1に出演しました。 「来て!見て!そして忘れないで 震災の記憶」*2というテーマで、被災地でのツアーや震災時の食事に関する内容でした。 私のこれまでのブログでも何度も触れてきた仙台ひと・ま…

料理を“ワッフル化”する 〜エピローグ〜

前回のつづき。 プロローグで始まった「料理を“ワッフル化”する」の一連のブログ。このエピローグで締めたいと思います。 電気店に残された「たこ焼き器」 3.11東日本大震災で被災し、ライフラインが断たれた後の話から。 ライフライン途絶後、私の家は電気…

飯島記念食品科学振興財団贈呈式

今朝、新幹線で仙台から東京、そして千葉県市川市へ。 市川にある財団法人飯島記念食品科学振興財団様の平成23年度学術研究助成金贈呈式に出席してきました。 飯島記念食品科学振興財団は、山崎製パン株式会社創業者飯島藤十郎様が主たる基本財産を出捐し、…

あなたの学校や会社に「備蓄」はありますか?

おとといの4/4は、勤務先の入学式でした。 新年度になり、新入生や新社会人の方は、新しい学校や職場で“新鮮な緊張感”に包まれていることでしょう。 ところで、東日本大震災では、首都圏で約515万人の「帰宅困難者」が発生しました。首都直下型地震では、…

震災時の「食」を伝えたい

先週3月15日(木曜日)の読売新聞夕刊に『震災の「食」伝える』という記事が載りました。 事前に読売新聞の記者さんから取材を受け、被災時の仙台市内の食事情などをお話ししました。また、先日上梓した「大震災を生き抜くための食事学」にも記事内で触れて…

食と放射性物質の問題 〜科学者のスタンスとは〜

福島原発事故によって、「信頼」が大きく低下したのは、東電、そして原発の御用学者たちでしょう。3.11後、私も科学者の一人として、原発事故や放射性物質に対して、社会における「科学者のスタンス」を再認識しています。 一般の方が、原発問題で今一番気に…

幸せホルモン「オキシトシン」から思う震災1年

人に愛情や信頼の感情を呼び起こすホルモンに、「オキシトシン」というものが知られています。 オキシトシンは、授乳する母親の脳内で分泌され、母子の愛着の関係を形成したり、愛すべき対象や大事にする相手を心に刷り込むという、いわば「愛の物質」として…

「大震災を生き抜くための食事学」本日発売

本日3月9日、株式会社主婦の友社より『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学 3.11東日本大震災 あのとき、ほんとうに食べたかったもの』が発売されます。 この本は、東日本大震災後の多くの人との「交わり」によって生まれました。 「食品研究者の夜食…

TOKYO FM「よんぱち」に出演しました

放送作家の鈴木おさむさんがパーソナリティをつとめる、毎週金曜日午後1:00〜4:30放送の番組TOKYO FM「よんぱち」に、本日、生出演させて頂きました。 3.11東日本大震災から約1年。 4年以内の発生確率が70%といわれる首都圏直下型地震に対して『私たちは、…

震災後の栄養から考える「ライフステージ栄養学」と「オーダーメイド栄養学」

震災後の栄養事情から 今日、Webサイト上で見つけた「震災後の“栄養”」に関するカロリー不足*1とカロリーオーバー*2という“相反する”2つの記事から。 東日本大震災:避難所の食事、栄養に問題 1カ月後も解消されず−−宮城・南三陸 東日本大震災の避難所で提…

「大震災を生き抜くための食事学」インタビュー

3月9日に上梓する「大震災を生き抜くための食事学」の私のインタービューが掲載されたウェブサイトが公開されました。 興味ある方は、どうぞこちらをご覧下さい。

「3.11 キヲクのキロク」市民が撮った3.11大震災

上梓する「大震災を生き抜くための食事学」の巻頭カラーページで写真を提供して頂いたNPO法人20世紀アーカイブ仙台さんが、それらの写真が載った「3.11 キヲクのキロク」という写真集を発刊しました。 発行日の本日、仙台駅前の丸善に行って購入してきました…

備蓄食を「常備」+「備蓄」で「常備蓄」するという発想

今日のTOKYO FMの番組シナプスでお話しした、備蓄食を「常備蓄」するという発想について、若干解説を。 震災などの災害後は、その置かれた状況にもよりますが、少なくとも救援体制が整うまでの期間約3日間(大都市の場合は約1週間)を自力で乗り切るために…

「大震災を生き抜くための食事学」

ラジオなどで、「もうすぐ1年」という言葉が耳に入ってくるようになりました。自分でもあまり感じたことのない「特別な感情」が徐々に湧いてきているのがわかります。 私はあの震災時に、大学で「食」の教育と研究をしている立場でありながら、自分の研究が…

TOKYO FM 「シナプス」に出ます

明日は、4年に一度のうるう年の2月29日。 明日のTOKYO FMのシナプスという番組で少しお話しさせていただきます。 シナプスは、やまだひさしさんがパーソナリティをしている、毎週月曜日から木曜日の13:00〜16:00に放送している番組で、今週は「HOW TO SU…

食と放射性物質の問題 〜何を信じたらいいのかわからない世の中で、唯一“はっきり”言えること〜

食と放射性物質の問題に関しては、「政府が放射性物質に関する情報を隠しているかもしれない」という不安を抱いている方が多いのではないかと思います。 食品は自分の体の中に入れるものですから、「信頼」が不可欠です。食品中の放射性セシウムの規制値が20…

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 6/6

昨日のつづき。 本日は、「災害とのつきあい方 〜地震の国の人だもの〜」について。 以上、全6回のスライドは、12/3に仙台市太白区中央市民センターで行われた「私はこうして凌いだ 〜食の知恵袋〜」交流イベントでの“エッセンス”だけを簡単に示したもので…

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 5/6

昨日のつづき。 本日は、「家庭での備蓄のコツ 〜食料、水、熱源を〜」について。 明日は、「災害とのつきあい方 〜地震の国の人だもの〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 4/6

昨日のつづき。 本日は、「災害時に役立つ「食」とは 〜災害前の心構えと備蓄食の条件〜」について。 明日は、「家庭での備蓄のコツ 〜食料、水、熱源を〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 3/6

昨日のつづき。 本日は、「これまでの震災時の「食」 〜阪神大震災と中越地震からの教訓〜」について。 明日は、「災害時に役立つ「食」とは 〜災害前の心構えと備蓄食の条件〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 2/6

昨日のつづき。 本日は、「私の 東日本大震災の体験 〜震災後の1週間、感じていたこと〜」について。 明日は、「これまでの 震災時の「食」 〜阪神大震災と中越地震からの教訓〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 1/6

12/3に仙台市太白区中央市民センターで行われた仙台まち・ひと交流財団主催、3.11 東日本大震災「私はこうして凌いだ 〜食の知恵袋〜」交流イベントでの基調講演の「スライド」をご紹介します。 講演タイトルは、「災害時の食から 今後の備蓄食を考える 〜あ…

震災レシピにみた「地料理力」と「思いやり力」

昨日、私も参加した3.11東日本大震災『「私はこうして凌いだ」〜食の知恵袋〜』交流イベントを取り上げたNHKニュース*1から。 仙台 被災者の食事に学ぶ催し 12月3日 18時54分 東日本大震災が発生した際、電気やガスなどのライフラインが断たれたなかで、被災…

食の知恵袋レシピ@「私はこうして凌いだ」交流イベント

本日、3.11東日本大震災『「私はこうして凌(しの)いだ」〜食の知恵袋〜』交流イベントで講演してきました。 NHKさんも来ていましたね。 そのイベント内の「震災時の食の知恵袋レシピ」の試食会の様子の写真をいくつかご紹介します。 イベントの詳細につい…