読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

“自販機化”する料理

前回の続き。 昔の未来予想やアニメそしてSFには、「人型ロボット」が登場します。家事ロボット、運転手ロボット、執事ロボット、警官ロボット、殺人ロボット等々。 私たちが生きる現実の世界にも、ソニーの「AIBO」、ホンダの「ASIMO」、ソフトバンクの「Pe…

なぜ多くの人々が料理の写真を撮って共有するのか?

以前のエントリーで、以下のような記事を書きました。 <a href="http://yashoku.hatenablog.com/entry/2015/03/19/214336" data-mce-href="http://yashoku.hatenablog.com/entry/2015/03/19/214336">レストランでの料理の写真撮影は、なぜ問題なのか? - 夜食日記</a> レストランでの写真は、TPOでしょう。 写真を撮るのは、食べると消えてなくなる料理を記念に残したいという気持ちもあるでしょうが、Twit…

メルト化する世界、モザイク化する世界

IUFoST(International Union of Food Science & Technology)という食品科学技術に関する国際学会に出席するため、カナダのモントリオールに来ています。専門知識の波を浴び、普段働かない脳の部分が活性化している気がします。 専門が融合する 食品学と栄…

「ターミナル・メシ」で国の食欲を探る

お盆で民族大移動のこの時期、私も昨日は実家に墓参りに行きました。高速の渋滞に見事はまりました。 今、帰省や旅行などで空港や駅にいて、そこで食事を取られている方も多いことでしょう。 空港とくに国際空港内での食事は、その国の現代の食文化を表す象…

「ファッションフード、あります。」

「食」の研究をしていますが、日本人ほど食べものに興味がある国民はいないとつくづく感じます。 日本ほど世界中のいろいろ料理が食べられる場所は稀有であり、TVのチャンネルを回せがひっきりなしに食の情報が流され、レストランではいたるところで料理の写…

バル店員さんの動きの背後には…

スペイン、アンダルシア地方にあるグラナダでの学会中、夜はホテル近くのバルで食事をしました。 お酒(ビール)とそのあてのタパスをいろいろいただきました。

「“試験管培養肉”ハンバーガー」の登場は、“食料生産新時代”の幕開けか?

先月はじめ、試験管でウシの細胞を培養してつくられた“試験管培養牛肉”を使ったビーフバーガーが調理、試食されるというニュースがありました。 (画像:CNN.co.jpより) オランダのマーストリヒト大学の生理学者マルク・ポスト教授らが、ウシの幹細胞を培養…

「エル・ブジ」のフェラン・アドリアが料理界に起こした“革命”とは?

なぜ、“スペイン勢”が「世界最高のレストラン」に選ばれるのか? 「現代スペインを知るための60章」でスペイン料理研究家の渡辺万里さんが書かれているある章からの“エキス”と、私が思ったことからその答えを導いてみたいと思います。 それは、ある一人の料…

ユニークな形のお菓子が作れるだけじゃない「3Dフードプリンタ」の真のインパクト

最近、何かと注目を集めている「3Dプリンタ」ですが、「食」の分野でもその利用が模索されています。 現在でも食品業界では、可食インクを使ったインクジェットプリンタが、ケーキやクッキーの表面に“2D”のイラストや似顔絵を描かれることに使われていますが…

ウナギが無ければアナゴを食べればいいじゃない!

今年の「土用の丑の日」は約2週間後の7月22日。 コンビニなどで「うな重予約」の広告を見かけるようになりました。 それと同時に、「ウナギ稚魚不漁で価格高騰」*1「ウナギ高騰で老舗閉店」*2「ニホンウナギ 絶滅危惧種指定を検討へ」*3といったニュース…

「テーラーメイド食品」のインパクト 遺伝子で食をオーダーメイド@月刊「事業構想」

「事業構想大学院大学」*1という大学院大学をご存知でしょうか。 昨年2012年4月に、東京・表参道で開学したばかりの、事業アイデア立案から実現までの過程を指す「事業構想」を学ぶ専門職大学院です。 学長の野田一夫さんは、私の現在の所属機関である…

対戦相手を“食べて”応援するということ

ワールドカップ(W杯)出場を目指すサッカー日本代表が、ただいまオーストラリアと対戦中。 もちろん、“国民の義務”として応援してますよ。 よく、「対戦相手国の料理を食べて応援」というニュースを目にします。 南アフリカのワールドカップでは、例えば「…

OG・OB力

現在の大学に異動して、約2年半。二度ほど卒業生を送り出しました。先週の土曜日、初の「研究室OG・OB会」をしました。研究室の4年生のK君が、熱心に企画してくれました。 今春卒業したOG3名が忙しい中、それぞれ遠方から訪れてくれました。教え子たちに…

奴隷制度から生まれたブラジルの国民料理

サンパウロで日系ブラジル人の方に街の市場を案内して頂いている時、ブラジルの国民的料理である「フェイジョアーダ」の話になりました。 「地球の歩き方」に次のように載っていたので、私もその料理のことなんとなくは知っていました。 フェイジョアーダ Fe…

「食は人なり」?それとも「人は食なり」?

前回のつづき。 前のブログでは、食べものの持つステレオタイプで、それを食べた人の「女性らしさ、男性らしさ」や「パーソナリティ」などが判断される「食は人となり仮説」を紹介しました。 プランスの有名な美食家、ブリア・サヴァランの著書「美味礼賛」…

「女性的食品」と「男性的食品」

先日の大学院講義「食品開発学特論」で、院生たちとディスカッションしたネタをひとつ。 いきなりですが、ある人の一日の食事メニューを下に示します。 朝食 クリームチーズベーグル 1個 オレンジジュース 1杯 コーヒー 1杯 昼食 ツナとレタスのサンドウ…

「学食」の役割を考える

本日、東北大学の本部がある片平キャンパスにある「学食」に、妻と晩ごはんを食べに行きました。私の自宅から歩いて10分圏内にあります。 片平の学食であった「北門食堂」が新しく建て替えられ、「片平新食堂」ができたのが昨年の8月のこと。片平キャンパス…

震災時の「食」を伝えたい

先週3月15日(木曜日)の読売新聞夕刊に『震災の「食」伝える』という記事が載りました。 事前に読売新聞の記者さんから取材を受け、被災時の仙台市内の食事情などをお話ししました。また、先日上梓した「大震災を生き抜くための食事学」にも記事内で触れて…

食と放射性物質の問題 〜何を信じたらいいのかわからない世の中で、唯一“はっきり”言えること〜

食と放射性物質の問題に関しては、「政府が放射性物質に関する情報を隠しているかもしれない」という不安を抱いている方が多いのではないかと思います。 食品は自分の体の中に入れるものですから、「信頼」が不可欠です。食品中の放射性セシウムの規制値が20…

半年遅れの宮城大学の入学式 〜ニュー入学式となれ〜

本日10時から、約半年遅れで「平成23年度宮城大学入学式」がとり行われました。 3.11の東日本大震災によって、本年度、宮城大学の授業開始は1ヶ月遅れ、5月上旬のGW明けから始まりました。それに伴い、入学式は施設の安全性の面からずっと延期状態となっ…

宮城大学食産業学部共同開発「塩チョコステックケーキ」本日発売開始!

宮城大学食産業学部とローソンとの共同開発商品「塩チョコステックケーキ」*1が本日より発売開始となりました。さっそく今朝、出勤前にローソンによって買ってきました。 開けるとこんな感じです。 トップに金粉が載っていて実に「伊達」です。食べると程良…

野菜と米と牛と花と

お盆に実家の福島に帰りました。 そこに住む母と祖母、近くに住む姉と話したことは、原発による放射能汚染に関することがほとんどでした。福島県民のほどんどの方がそうでしょうが、見えない放射能におびえながら暮らしていることが実の家族との会話からより…

世界からの風評被害を耐え抜いた先には

以前私が書いたブログ「今の日本は、原発事故による風評被害の“被害者”にも“加害者”にもなりうるという現状の中で」が、残念ながら進行しつつあるようです。 福島ナンバーやいわきナンバーを嫌がる方は、いずれ、世界から同じ風評被害の目にあったとき、そこ…

「食」の問題に、文系、理系の区別なんて関係ない!

昨年の4月に、今勤務している「宮城大学 食産業学部 フードビジネス学科」に異動してきて、はや1年が経ちました。 新しい環境に身を置き、これまでに経験したことのないフレッシュな体験をいろいろとしました。1年を通してみて、宮城大の食産業学部は、私…

就"食"活動

大学3年生の就職活動がピークを迎えています。 毎年、就職先人気企業ランキング*1、*2が発表されていますが、ここ数年、景気に左右されない食品企業の人気が高まっています。 私が勤務している「宮城大学 食産業学部 フードビジネス学科」は、看板に食(フ…

「香港経済日報」に載りました

このブログで何度も出ている、大学1年生対象の「基礎ゼミ」の活動の一部が、「香港経済日報」に掲載されました。 「食之進化(食の進化)」というタイトルの記事で、主に「分子料理」のことについて書かれています。 大きく掲載された写真は↓、私が以前この…

一問逸答

今日の河北新報の夕刊に載せていただきました。 芳賀様、伊深様、誠にありがとうございました。

仙台マルシェ・ジャポンにて

昨日感じた、ちょっといいことを一つ。 勤務先の大学で、食品のマーケティングを学ぶ演習科目があります。その授業の一環で、「マルシェ・ジャポン」という農林水産省の支援による都市住民参加型の市場(マルシェ)に参加するという活動があります。具体的に…

理性や理屈だけでご飯が食べられるか?

この記事に、コメント、☆やブックマークなどを付けて頂いた方、誠にありがとうございました。 1年以上も前の記事に?という感は否めないですが、いろいろなご意見を大変興味深く拝見しました。 「量」の概念については、きちんと粘り強く説明すれば、ほとん…

”まっとうさ”の時代

食品の研究していますので、食品企業の工場見学は一般の方よりはたくさんしていると思います。しかし、「こんな工場見学ははじめて」という体験をしました。 私の所属大学、所属学科の2年生を対象に、学外の食品工場等を見学する「施設見学会」というものが…

食フェス乱立時代 ーB-1グランプリから万博までー

先日、厚木で行われたB級グルメの祭典「B-1グランプリ」。来場者は史上最多の43万人にも上り*1、優勝した「甲府鳥もつ煮」の経済効果がちょっと凄いようです*2。 B―1制覇の効果絶大、甲府鳥もつ煮注文5倍 甲府鳥もつ煮が、神奈川県厚木市で開かれた全国の…

「食のプロ」になるのが難しい理由 その2

食のブラックボックス化 前回述べた「食べ物の”流れ”」 生産 → 製造・加工 → 保蔵・流通 → 調理 → 摂食 → 消化 → 吸収 → 代謝ですが、普段私たちが目にする部分は、せいぜい真ん中の「流通 → 調理 → 摂食」であり、その前後は見えないブラックボックス状態で…

「食のプロ」になるのが難しい理由 その1

まず「食べ物の流れ」を考えよう 私の研究の専門は、分子レベルでの食品学と栄養学です。しかし、「食のプロフェッショナルですか?」と聞かれれば、決して「はい」とは答えられません。 その理由は、下に示した「食べ物が生産され、食べて栄養になるまでの”…

猛暑よ、さようなら 秋の味覚、はやく来い

わが家には、エアコンがありません。扇風機もありません。小さな「除湿冷風機」なるものはありますが、スイッチを入れると、前面から出る冷風以上に本体から熱を放出します。 今の家に今年の春、引っ越してきましたが、この夏の猛暑に新居は完全にサウナ状態…

なぜ「若者のビール離れ」が話題になるのか?

暑い日が続いていますが、無類のビール好きにとっては最高の季節です。 わたくし、飲み会ではほぼ最初から最後までビールです。とりあえずビール、もう一杯ピール、締めもビール。日本酒も好きですが、断然ビールが好きです。炭酸ののどごし、ホップの苦味、…

大人の食べ物

ここ数年、「大人」ブームが続いています。大人のための絵本、大人のためのゲーム、大人のための修学旅行などなど。 当然ですが、普段大人が使っているものにあえて「大人」は付けません。「大人のための車」とか「大人のための確定申告書」とかは、聞いたこ…

食べ物が美味しい土地ほど、郷土愛が強くなる!?

仙台は、昨日と今日「青葉まつり」でした。祭りの様子を見て感じたことを一つ。 日本人は他の国と比べると愛国心が薄いといわれますが、地方の祭りやJリーグの試合の応援などを見ると、生まれ育った土地への”郷土愛”は強くなっているような気がします。 郷土…

おはぎ力

一ヶ月ほど前のことですが、仙台市郊外の秋保(あきう)温泉に日帰り入浴に行ってきました。 途中、温泉街にある一見普通の食品スーパーの駐車場が大混雑。中に入ってみると、お惣菜コーナーに人だかり。客のお目当てはこれでした。 私は知らなかったのです…

おせち料理を食べる予定のない人 - 36%

クリスマスも終わり、今年も残りわずかとなりました。年末で何かと慌ただしい時期です。私はやっと年賀状も書き始めました。 年越しに向けて正月のおせち料理の準備に取りかかっている方も多いのではないでしょうか。ちまたでは料亭の高級おせちの販売予約が…

歩くトウモロコシ

昨日紹介した「雑食動物のジレンマ」で印象に残った文章を紹介します。 現在、私たちの食を支えている工業的食物連鎖は、ふつうはスーパーやファストフード店などにたどり着く。その鎖の始まりを突き止めようとすれば、様々な場所に行き当たることになるだろ…

モスの「国産バーガー」の疑問

先日、久しぶりに近くのモスバーガーに行き「国産バーガー」というものがあることを知りました。その登場時のニュースがこちら。 自給率向上へ官民タッグ ビジネスと消費牽引 昨年12月、ハンバーガー大手のモスバーガーが東京都品川区の本社で開いた新商品…

「学校の近くにファストフード店を開いてはいけません」

ロイターニュースから。 学校に近すぎるファストフード店に営業停止命令 英ロンドン東部のウォルサム・フォレスト区議会は20日、学校からの距離が近すぎたファストフード店を営業停止にすると発表した。英国の自治体がこのような決定を下したのは、初めて…

食品偽装疲労

今年の冬もインフルエンザが猛威をふるいました。今年は特に、タミフル耐性ウイルスが見つかり、また流行が3月にも再燃したことから、患者数も例年と比べて多かったようで、インフルエンザに関心が集まった年といえるでしょう。 しかし、一部の国では「フル…

「残酷な方法によらない」食品求めて騒動に

AFPBB Newsから*1。 「残酷な方法によらない」食品を使用すべし、豪市議会から「ティムタム」が消えた 【3月26日 AFP】オーストラリア・シドニー(Sydney)の市議会では、議会が行う行事などでは「残酷な方法によらない」食品を使用するという方針が新たに導…

食料品の格付けをするウェブサイトの登場

私たちの身近にある食料品について、もっと詳しく知りたいと思った人は多いでしょう。しかし、ウェブサイトで調べようとしても、その製品を作っている会社のホームページでは、都合の悪い情報は一切載せていないのが普通です。客観的で科学的、かつ商品ごと…

クローン牛に不安を抱くのはなぜか?

<クローン牛>「一般と同様に安全」食品安全委作業部会 1月19日20時57分配信 毎日新聞 体細胞クローン技術を使って生まれた牛や豚とその子孫について、食品としての安全性を検討していた国の食品安全委員会の作業部会(座長・早川尭夫近畿大薬学総合研究所…

「もったいない」と「食の安全」は両立するのか?

アメリカのレストランでは、食べ残った食品を持ち帰るための容器を置いているところは普通ですが、日本で残り物の持ち帰りをOKする店はまだ多くはないでしょう。食中毒など衛生上の問題をレストラン側が心配するからです。 以前、私の講義で学生に次のような…