夜食日記

食品研究者が夜中に「食」についてつらつら綴る日記。専門は、分子レベルの「食品学」「調理学」「栄養学」。「クックパッド食みらい研究所」特別研究員。分子料理・分子調理ラボ(www.molecular-cooking-lab.net)を主宰しています。食ほど体と心に影響を及ぼすものはないと思いませんか。

非常食・保存食

もうすぐ本が出ます。『「もしも」に備える食』

管理栄養士、食育指導士、防災食アドバイザーの今泉マユ子さんと共著で『「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を』という本を出すことになりました。 「もしも」に備える食 災害時でも、いつもの食事を 作者: 石川伸一,今泉マユ子 出版社/メーカー…

「清流」10月号に記事が載りました

清流出版さんの月刊誌「清流」の10月号において、「震災食」に関する記事を特別企画として取り上げて頂きました。 事前に研究室までお越しいただいて、大変丁寧に取材して頂きました。雑誌全体を拝見しても、多くの方に丹念に取材し、誠実に作られている雑誌…

「生きのびる食」@食文化誌ヴェスタvesta

生きのびたい

災害時の「お菓子」の“意義”@読売新聞

読売新聞の「くらし・家庭面」に掲載されている「今どきのお菓子」というシリーズ。 本日の朝刊で「震災後 備蓄用で注目」というタイトルの記事が載りました。 事前に取材を受け、私のコメントが掲載されました。 「災害時のお菓子の役割」について興味ある…

「震災と食」の講義 @京都大学

先週、東大での第一回タマゴシンポジウムの後、すぐ移動して新幹線に乗り、京都へ向かいました。 次の日、京都大学のグローバル生存学大学院連携プログラムの「生存基盤食料学」という大学院講義の一コマを担当するためです。 私は、その講義の中で「震災と…

日本農業新聞に掲載されました

東日本大震災から1年6ヶ月経った、おとといの9/11付の日本農業新聞に記事が掲載されました。 「備える、生かす 次の災害のために」というタイトルで、いつ、どこで発生するか分からない次の災害のために、どのように食を備え、どう活用したらいいのかにつ…

「NHK生活情報ブログ」に載りました

防災の日の前の8月30日に、NHK首都圏ネットワーク(午後6:10〜7:00)に出演させていただいたことは、前のブログに書きました。 その放送の内容が、本日のNHKさんの「NHK生活情報ブログ」に掲載されました。 2012年09月07日 (金) 災害時の食の備えこの時期、…

福島民報1面コラムに掲載されました

先週の防災の日の9/1(土)、私の出身地である福島の地方紙「福島民報」の1面コラム「あぶくま抄」に、私の拙著「大震災を生き抜くための食事学」のことを掲載していただきました。 福島民報社さんのWebに、そのコラムの全文が載っています。 あぶくま抄(…

モノよりもココロガマエを

今週、日本食品科学工学会での発表で、札幌にきています。 昨日のシンポジウムのひとつに【防災フォーラム】「東日本大震災に学ぶ大災害時の “食” と健康」―二次災害としての健康被害を防ぐために―というのがあり、聞いてきました。 モヤモヤしたものを含め…

NHK「首都圏ネットワーク」に出演しました

防災の日を前に、昨日8月30日にNHKの首都圏ネットワークに出演しました。 首都圏ネットワーク番組Memoより http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/memo.html 8月30日 (木) ■ 暮らしなっとく「災害に備えた食糧の備蓄」 ◇災害時に役立つ食品についてアドバイス…

読売新聞に記事が掲載されました

明日の防災の日(9/1)を前に、本日8/31の読売新聞朝刊で、私の拙著「大震災を生き抜くための食事学」で紹介した「常備蓄」に関する話題を掲載していただきました。 くらし面の減災生活 食事編 「中」というシリーズで、記事タイトルは、食べたら補充「常備…

「震災食の講演@増上寺」で思ったこと

先日、浄土宗の東京教区寺庭婦人会様からご依頼で、「震災食」に関する講演を行ってきました。場所は、浄土宗大本山の「増上寺」にて。増上寺は、徳川将軍家の菩提寺として有名ですね。 増上寺の総門を指すという地下鉄「大門」駅から、歩いて向かいました。…

今後、どのような「防災食」が必要か? 宮城大学1年生450名のレポートから見えてくるもの

勤務先の宮城大学は、宮城県が設立した公立大学です。学部は、看護学部、事業構想学部、食産業学部の3学部があり、それぞれ地域ニーズにマッチした教育が行われています。 毎年、新入生の1年生には「基礎ゼミ」という大学教育の導入科目があります。基本は…

食生活改善推進員会@宮城県大衡村での講演

昨日の午前に、宮城県中部にある大衡村(おおひらむら)で講演させていただきました。 私が3月に上梓した「大震災を生き抜くための食事学」という本を大衡村の保健福祉課の方が読んでくださり、ありがたいことに今回お声をかけていただきました。 講演は、…

NHK「サキどり」に出演しました

本日の午前8:25〜8:57のNHK総合テレビ「サキどり↗」*1に出演しました。 「来て!見て!そして忘れないで 震災の記憶」*2というテーマで、被災地でのツアーや震災時の食事に関する内容でした。 私のこれまでのブログでも何度も触れてきた仙台ひと・ま…

あなたの学校や会社に「備蓄」はありますか?

おとといの4/4は、勤務先の入学式でした。 新年度になり、新入生や新社会人の方は、新しい学校や職場で“新鮮な緊張感”に包まれていることでしょう。 ところで、東日本大震災では、首都圏で約515万人の「帰宅困難者」が発生しました。首都直下型地震では、…

震災時の「食」を伝えたい

先週3月15日(木曜日)の読売新聞夕刊に『震災の「食」伝える』という記事が載りました。 事前に読売新聞の記者さんから取材を受け、被災時の仙台市内の食事情などをお話ししました。また、先日上梓した「大震災を生き抜くための食事学」にも記事内で触れて…

「大震災を生き抜くための食事学」本日発売

本日3月9日、株式会社主婦の友社より『必ず来る!大震災を生き抜くための食事学 3.11東日本大震災 あのとき、ほんとうに食べたかったもの』が発売されます。 この本は、東日本大震災後の多くの人との「交わり」によって生まれました。 「食品研究者の夜食…

TOKYO FM「よんぱち」に出演しました

放送作家の鈴木おさむさんがパーソナリティをつとめる、毎週金曜日午後1:00〜4:30放送の番組TOKYO FM「よんぱち」に、本日、生出演させて頂きました。 3.11東日本大震災から約1年。 4年以内の発生確率が70%といわれる首都圏直下型地震に対して『私たちは、…

「大震災を生き抜くための食事学」インタビュー

3月9日に上梓する「大震災を生き抜くための食事学」の私のインタービューが掲載されたウェブサイトが公開されました。 興味ある方は、どうぞこちらをご覧下さい。

備蓄食を「常備」+「備蓄」で「常備蓄」するという発想

今日のTOKYO FMの番組シナプスでお話しした、備蓄食を「常備蓄」するという発想について、若干解説を。 震災などの災害後は、その置かれた状況にもよりますが、少なくとも救援体制が整うまでの期間約3日間(大都市の場合は約1週間)を自力で乗り切るために…

「大震災を生き抜くための食事学」

ラジオなどで、「もうすぐ1年」という言葉が耳に入ってくるようになりました。自分でもあまり感じたことのない「特別な感情」が徐々に湧いてきているのがわかります。 私はあの震災時に、大学で「食」の教育と研究をしている立場でありながら、自分の研究が…

TOKYO FM 「シナプス」に出ます

明日は、4年に一度のうるう年の2月29日。 明日のTOKYO FMのシナプスという番組で少しお話しさせていただきます。 シナプスは、やまだひさしさんがパーソナリティをしている、毎週月曜日から木曜日の13:00〜16:00に放送している番組で、今週は「HOW TO SU…

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 6/6

昨日のつづき。 本日は、「災害とのつきあい方 〜地震の国の人だもの〜」について。 以上、全6回のスライドは、12/3に仙台市太白区中央市民センターで行われた「私はこうして凌いだ 〜食の知恵袋〜」交流イベントでの“エッセンス”だけを簡単に示したもので…

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 5/6

昨日のつづき。 本日は、「家庭での備蓄のコツ 〜食料、水、熱源を〜」について。 明日は、「災害とのつきあい方 〜地震の国の人だもの〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 4/6

昨日のつづき。 本日は、「災害時に役立つ「食」とは 〜災害前の心構えと備蓄食の条件〜」について。 明日は、「家庭での備蓄のコツ 〜食料、水、熱源を〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 3/6

昨日のつづき。 本日は、「これまでの震災時の「食」 〜阪神大震災と中越地震からの教訓〜」について。 明日は、「災害時に役立つ「食」とは 〜災害前の心構えと備蓄食の条件〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 2/6

昨日のつづき。 本日は、「私の 東日本大震災の体験 〜震災後の1週間、感じていたこと〜」について。 明日は、「これまでの 震災時の「食」 〜阪神大震災と中越地震からの教訓〜」について。

「災害時の食から今後の備蓄食を考える 〜あのとき、ほんとうに食べたかったもの〜」 1/6

12/3に仙台市太白区中央市民センターで行われた仙台まち・ひと交流財団主催、3.11 東日本大震災「私はこうして凌いだ 〜食の知恵袋〜」交流イベントでの基調講演の「スライド」をご紹介します。 講演タイトルは、「災害時の食から 今後の備蓄食を考える 〜あ…

食の知恵袋レシピ@「私はこうして凌いだ」交流イベント

本日、3.11東日本大震災『「私はこうして凌(しの)いだ」〜食の知恵袋〜』交流イベントで講演してきました。 NHKさんも来ていましたね。 そのイベント内の「震災時の食の知恵袋レシピ」の試食会の様子の写真をいくつかご紹介します。 イベントの詳細につい…

3.11東日本大震災「私はこうして凌いだ〜食の知恵袋〜」冊子完成記念イベント

以前、私のブログ*1、*2で、3.11東日本大震災『「私はこうして凌いだ」〜食の知恵袋〜』という仙台市民センター様の合同企画をご紹介しました。 今回、その企画メンバーの皆様のご努力によって、3月11日の東日本大震災後、水やガス、食材も満足にない中で、…

「震災レシピは、アイデアの結晶であり、想いの結晶である」と感じた日

昨日、以前このブログ*1でも紹介させて頂いた、仙台市民センターの合同企画『「私はこうして凌いだ」〜食の知恵袋〜』という災害時のアイデア料理の選考会があり、お邪魔させて頂きました。 事前に書類で東日本大震災時に作ったレシピを募集したところ、たく…

震災アウトドア生活を振り返って

新潟から私の研究室宛に、素敵な「食品群」が素敵なメッセージと共に送られてきました。しかも、ダンボール箱いっぱいに。 送っていただいたOさん、本当にありがとうございます。餅1個1個、ご飯1粒1粒を、消化管全体と体全体で噛み締めていただきたいと…

「これからの非常食・災害食に求められるもの」

注文していた本が届きました。 「これからの非常食・災害食に求められるもの―災害からの教訓に学ぶ―」と「これからの非常食・災害食に求められるもの2―災害時に必要な食の確保―」というタイトルの本です。 どちらも新潟大学地域関連フードサイエンスセンタ…

どのような「非常食、災害食、震災食」を準備しておけばよいか?

今週から、大学のインターネットサーバーや電話等が復旧し、いろいろな方から、震災のお見舞いや暖かいお言葉を頂きました。心より厚く御礼申し上げます。 先ほど、仙台の街角で「東京都水道局」や「京都市水道局」の給水車を見かけました。仙台では、水道や…