夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2018-10-20から1日間の記事一覧

「第4次産業革命と栄養学の未来」

第28回女子栄養大学栄養科学研究所講演会において講演させて頂きました。 全体のテーマは「第4次産業革命と栄養学の未来」、私の講演タイトルは「未来の食を考える上でのフレーム ~新しい食のテクノロジーとどう向き合っていけばいいのか?~」というもので…