夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2014-04-24から1日間の記事一覧

キッチンは自然界への魔法の扉。生き方を変えたいのなら、料理をしよう。

私たちが料理する時間は年々減り続けているといわれています。私自身の食生活を振り返っても、強く感じます。 しかしその一方で、テレビなどのメディアには料理に関する情報があふれ、人々の料理への情熱は全く衰えを知らず、むしろ増強されているようにも感…