夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2013-12-04から1日間の記事一覧

料理を“建築”すること 〜料理と建築の共通性〜

「建築家に料理好きが多い」のは、「建築と料理が似ているからだ」というのを耳にしたことがあります。 料理と建築の共通性 シェフの仕事がメニュー、食材の特徴、調理法、器、テーブルセッティング、予算を考えて料理を作るように、建築家もデザイン、材料…