夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

2011-12-31から1日間の記事一覧

「食品“伝道者”の夜食日記」に

今年ももう少しで終わってしまします。この「夜食日記」で書きたいことは山ほどありましたが、タイムアップです。 今年は、震災によって、水や食べ物の大切さを頭だけではなく身体で感じる得がたい経験をしました。それと同時に、私は普段大学で「食」を研究…