夜食日記

分子調理学者。料理・調理のメカニズムを研究する大学教授。著書に『料理と科学のおいしい出会い』(化学同人)、共訳書に『The Kitchen as Laboratory』(講談社)など。分子料理・分子調理ラボ(http://molecular-cooking-lab.net)を主宰。関心は「食×科学×芸術」。

The Kitchen as Laboratory 新しい「料理と科学」の世界

 本日、刊行となりました。

The Kitchen as Laboratory 新しい「料理と科学」の世界 (栄養士テキストシリーズ)

The Kitchen as Laboratory 新しい「料理と科学」の世界 (栄養士テキストシリーズ)

  • 作者: Cesar Vega,Job Ubbink,Erik van der Linden,阿久澤さゆり,石川伸一,寺本明子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 私自身、初の翻訳本、共訳本です。

 原本に出会ったのは、もう4年も前のことです。発刊まで、実に長かった…。

 料理と科学がかなりいい感じで融合しており、私の目指す「分子調理」の研究においても、大変参考になりました。

 おいしいアイクリームをつくる上での法則性や、卵黄の豊富なテクスチャーのライブラリー化、料理のおいしさの感性的な側面など、私も知らなかった話題が豊富にあり、知的好奇心はかなり揺さぶられっぱなしでした。

 東京農大の阿久澤先生、寺本先生と翻訳の仕事をご一緒ができたのも財産です。いろいろ勉強になりました。

 ご興味あるかたは、どうぞお買い求め下さい!